〒666-0145 兵庫県川西市けやき坂2-64-7
TEL 090-7889-1764
営業時間 11:00~20:00 ※完全予約制 ※時間外応相談

web予約

ブログ

ブログ

Salon Luceの日々の出来事や、プライベートの様子を紹介します。

ヒーリングについて

サロンルーチェで行っているエネルギーヒーリング浄霊についてご説明します。

浄霊の力の元は太陽の黒点です。</p>

観音様の如意宝珠から出る光です。

手を合わせて神様に感謝して 目の前の人の幸せを祈り

額(眉間)と頭頂(百会)に 合わせて5分ほど 手をかざして光を取次ます。

受けた人の感想は

○光が見えた

○温かくなった

○気持ちが落ち着いた

○頭痛が良くなった

○お腹が鳴った(腸が動いた)

継続していくうちに

○不思議と健康になります

○心が明るくなります

○感じの良い人になります

○悩み事がなくなります

○運のよい人になります

○神様が信じられるようになります

信じなくても効く絶対他力の浄霊で

自分では変えられない性格や運命が変わる、

奇跡をサロンルーチェで体験できます。

頭のむくみにご注意を

近頃お客様で頭皮がぷにぷにと柔らかい方が何人かいらして調べてみたところ

それは頭皮のむくみだと判明しました。

ストレス、その他の理由で頭皮が硬くなり、血流が悪くなることで

むくみが起こり、ぷにぷにと浮いたような状態になるのです。

改善法は頭皮マッサージです。

不思議なことに足の裏がぷにぷにしている人がもれなく頭皮もぷにぷになのです。

繋がっているのですね。

先日私も急激なストレスがかかることがあり、頭皮がぷにぷにになり

それも急になったので本当にストレスは怖いと実感しました。

私はセルフマッサージでずいぶんと改善しましたが、

お客様には自覚症状はないようですので、ストレスがある方は

頭が足の裏をぜひチェックしてみたください。

サイズダウンゴージャスリンパお客様の感想

 

昨日のお客様の感想です。

サイズダウンゴージャスリンパ(2時間)のコースでした。

まず風邪気味で頭痛がしていたのがなくなりました。

それはホルミシス効果の温熱マットで身体の芯の温度が40度以上になったため

ウイルスが死滅したと思われます。

身体の芯から汗をかいて解毒ができたこともあります。

前回、ご主人から「顔が小さくなった」と言われたと。

今回もお顔と背中から腰のお肉がなくなったと驚かれていました。

とにかく「スッキリしたわ~」と連発されていました。

明日から出張だそうで、調子が良くなって本当に良かったです。

ゴージャスリンパの施術手順は

鎖骨、腋下、お腹、鼠径、膝下のリンパ節を開け

脚→お腹→背中→腰→お尻→脚(裏側)→首→顔→ヘッド→デコルテ

最後に30分包み込みしてマットに30分入ってもらいます。

時間をかけて丁寧に全身を流し、最後の温めの発汗で

スッキリ感は半端なく、フォルムも変わり喜ばれています。

お勧めは週一回のスパンで3ヶ月(12回)続けられることで

リンパの流れができ、リバウンドしにくい身体になります。

ホルミシスってなあに?

サロンルーチェの施術に使っているエスティーマットには

ホルミシス効果があります。

ホルミシスってどんなものかご存知でしょうか?

ホルミシスとは低線量の放射線のことです。

大量に浴びると危険な放射線も微量だと身体に刺激を与え

まるでホルモンのように身体のバランスを取るのに

大きな働きをすることから「ホルミシス」と呼ぶことになったのです。

ラドン温泉などもホルミシス効果があります。

それではホルミシスにはどんな効果があるのでしょうか?

ホルミシス効果その①抗酸化作用

万病のもとである身体を錆びさせる活性酸素を打ち消す

活性酸素除去酵素が活性化します。

ホルミシス効果その②各種ホルモンが増加

血糖値を下げるインスリンが2倍

幸福ホルモンと言われるベーターエンドルフィンが2倍

やる気ホルモンアドレナリンがなんと5倍

鎮痛作用があるメチオエンケフェリンが1.5倍

ホルミシス効果その③ガン抑制遺伝子が活性化

この他にも

消臭作用、電磁波カット、マイナスイオン発生、

安眠作用などがあります。

睡眠剤を飲まないと眠れない人がマットに入るとコテンと寝てしまうことは良くあります。

普段汗をかかない人も30分マットに入ると大量に発汗します。

まるで岩盤浴、しかもべとべとしないサラサラの汗で、

お肌はすべすべになります。

 

お母さんが笑顔だと子供は幸せ

 

本日、初の自然農法食育ランチ会をしました。

お客様はお母さん、娘さん、お孫さんの赤ちゃんの3人。

メニューは豆腐とわかめのお味噌汁、ラタトゥイユ、ピーマンのおかか和え、

きゅうりとささみと冬瓜のサラダ、茄子としし唐の揚げびたし、

デザートに種ありデラウエアとマッカウリでした。

すべて自然農法の旬の食材です。

食べながら農薬やゲノム編集の現状や、私の食生活のことをお話しして、

食後にスライドを見ながら、冷えや体温、リンパのこと、心の在り方、水の結晶の話などをさせて頂きました。

子育て中のお母さんに特に聞いてもらいたいことでした。

食を見直すことはできても、食生活をすぐに変えることは難しい。

今すぐに実行できることはいつも笑顔でいることで、

お母さんが笑顔だと子供は幸せだとお伝えさせてもらいました。

腸の話、経皮毒の話、環境に考慮した暮らしの話など

他にもたくさんお伝えしたいことがあります。

どうぞサロンルーチェの食育ランチ会においでくださいませ

素直な人はリンパが流れやすい

施術をしていて人によりリンパが流れやすい人と流れにくい人とが確かにあると感じます。

それは体質ではなく、性質に寄ると私は感じます。

素直な人はリンパが流れやすく、頑固な人は流れにくい。

そして何よりリンパを詰まらせるのは

間違いなくストレスです。

ストレスがかかると交感神経が緊張状態になり、

血管が収縮して血流が悪くなり

体温が下がり、リンパが詰まる。

それはもう見事に一気に詰まります。

自律神経のバランスを取るには

副交感神経を優位にする必要があり、

一番手っ取り早い方法が甘い物を食べること。

甘い物は食べ始めると習慣になってしまい、

食べないと収まらなくなる。

そして太ってしまうという悪循環。

つまり太る原因の最たるものはストレスである。

ストレスをためやすいのは、素直な人より頑固な人。

したがって頑固な人はリンパも流れにくいと

言えるのではないでしょうか。

ところがリンパが流れ出すと頑固な人も素直になります。

人が変わっていく過程を見られるのは

とてもうれしく幸せなことで

この仕事をしていて良かったとつくづくと思います。

痛みの元はズレから

 

先日とあるセミナーで整骨院の先生が

「痛みの元はズレから」と言われていました。

身体のバランスが崩れ、

ズレが生じ、

違和感になり、

痛みになり、

最終的にはしびれになるそうで、

しびれになると

もう神経が傷ついてしまっているので

一気に改善することは難しいと。

これを聞いて私はこれは心も同じかなと思いました。

違和感の時点で自分の異常に気が付けば

改善もできるのではないかと。

違和感とは「しっくりこない感覚」。

どうもしっくりこないと思ったら

とことんどこに原因があるのか

自分を振り返ってみるとよいかもしれません。

違和感の原因を探る、

予防医学、病気にならないように

心と身体をメンテナンスしていくこと

これが私がやりたいことです。

 

人間関係は二度目からが本物

 

私は前にも記事に書いたように

人に嫌われたくないという気持ちが強く

人と争うことも嫌いなので、

できるだけ波風かたたないよう

自分の言いたいことは言わず

あたりさわりないお付き合いをすることが多かったように思います。

それを自分の気持ちをちゃんと言うようになってから

少しずつ人とけんかができるようになってきました。

以前はけんかすると二度と元には戻れないと恐れていましたが、

そんなことは全然なくて

けんかをすると返ってその後は仲良くなれることがわかりました。

雨降って地固まるのことわざのとおりですね。

もしけんかをすることで

相手を傷つけてしまったならばすぐに謝ったらよいことで、

けんかをすることは人間関係の風通しを良くするのに

必要なことかもしれないと思えるようになりました。

対等にけんかができる相手がいる

本当のことを言ってくれる相手がいるというのは

本当に幸せなことだと思えるようになりました。

人間関係は二度目からが本物。

好んでけんかをすることはないけれど、

けんかを恐れず本音を話せる人間関係を

たくさん築いていきたいと思います。

 

楽しまないと仕事も身に付かない

 

どんなに体にいい食べ物も
美味しいと思って食べないと
栄養にならないのと同じで

仕事も楽しんでしないと
身につかない。

すべての行動は
自分がどう思ってやっているのか
意識してしないと、

ただの作業になってしまい、
時間を過ごすだけで
何も学べずもったいないです。

すべての出来事は
いいことも悪いことも
自分に必要だから
起こってくることで
意味があるので

常にこの出来事は自分に
何を教えてくれているのか考えて、
受け入れがたいことも
受け入れていくと
得難い体験になります。

苦手なことも嫌々やると
ずっと苦手ですが、
楽しみや意味を見つけてやっていくと
苦手なことではなくなります。

心配、取り越し苦労、
焦り、欲張りをやめて

目の前のことを
目の前の人に
喜んでもらえるよう
集中して、楽しんで
一生懸命やって
ひとつひとつ完了していく。

そうして進んでいくうちに
いつの間にか夢は叶っていく
ようです。

お茶室のようなサロン

 

毎年8月のお茶の教室は「夏期講習」で

お茶道具について教えていただきました。

私が師事しているのは武者小路千家の家元教授芳野宗春宗匠です。

今回は羽箒、水差し、棚について教えていただきました。

お客様を迎える前に部屋全体を浄める羽箒は白鳥の大羽で、

50~60万円するそうですよ。

それはさておき、

知れば知るほど茶道というのは、お道具一つ一つに意味があり、

あの狭いお茶室にぎゅーーーっと「おもてなしの心」が

詰まっている日本人の原点なのだなぁと思います。

お茶室は、もてなす側ともてなされる側がお互いに心を使って心を合わせて作る、

どこまでも平和な世俗から隔絶された別世界。

座っていると浄められ、癒されて、偏りが真ん中に戻る感じがします。

そんなお茶室のようなサロンを作りたいと思っています.。

 

 

 

AD